防府レンタサイクル レンタサイクルで楽しむ防府さんぽ。ほうふでいつでも気軽に自転車に乗ろう!レンタサイクルWEB予約システムへようこそ

電話:0835-23-4175

Terms to use

利用規約

Terms to use

レンタサイクル利用規約

  • この利用規約は、一般社団法人防府観光コンベンション協会(以下「当協会」といいます。)が運営するレンタサイクルシステム(会員登録及びレンタサイクルの貸渡しその他の手続きサービスを行うウェブサイトをいう。以下同じ。)に会員登録してレンタサイクルを利用いただくお客様(以下「会員」といいます。)に遵守していただく事項について規定しています。
  • 第1条(会員登録)
    本規約に基づくレンタサイクルは、当協会が別途指定する手順に従ってレンタサイクルシステムに会員登録を行うことにより、利用することができます。
    2 当協会は、会員登録をする者が次の各号のいずれかに該当する場合には、会員登録を承諾しないことができるものとします。
    (1)レンタサイクルの適正身長に満たないとき。
    (2)身体的にレンタサイクルを安全に運転することが困難であるとき。
    (3)暴力団員、暴力団関係者、その他反社会的勢力に属していると認められるとき。
    (4)当協会に届け出た情報に誤り又は虚偽が判明した場合。
    (5)過去の貸渡しについて、料金の支払いを滞納しているとき。
    (6)本規約に同意しないとき。
    (7)その他、当協会が適当でないと認めたとき。
    3 会員登録は、当協会が別途指定する登録認証を完了した時点で効力を生じます。
    4 会員は、次の各号について同意したものとみなします。
    (1)第二項第1号から第6号に該当していないこと。
    (2)レンタサイクルシステムの管理及びレンタサイクルの利用に対し、当協会が必要に応じて登録された電話番号又は電子メールアドレスに連絡をすること。
    5 当協会は、会員登録後に、会員が第二項各号のいずれかに該当すると認める場合には、会員登録及び既に行われた利用申込みを取り消すこととします。
  • 第2条(ID・パスワード等の管理)
    会員は、前条の会員登録の際に設定するID及びパスワードは、会員自らの責任で厳密に管理するものとし、第三者に譲渡し、または貸与してはなりません。
    2 当協会は、登録されたID及びパスワードを用いたレンタサイクルシステムへのアクセスは、これを当該情報を登録した会員本人によるものとみなして取り扱うものとし、この取扱に関しては一切の責任を負いません。
  • 第3条(利用申込み)
    会員は、レンタサイクルシステムを用いて利用申込みを行うことができます。
    2 利用申込み内容の変更及び取消しは、レンタサイクルシステムを用いることを原則としますが、やむを得ない場合に限り、電話その他の方法により行うことができるものとします。
  • 第4条(利用時間及び利用料金)
    レンタサイクルの利用時間及び利用料金、利用料金の支払い方法は、別途レンタサイクルシステムで公表します。
    2 前項の規定に基づく利用時間の始期は、レンタサイクルの貸渡しが成立したときとし、利用時間の終期は、レンタサイクルの返却が成立したときとします。
  • 第5条(レンタサイクルの貸渡手続)
    レンタサイクルの貸渡しは、第3条第1項により利用申込みした会員が、当協会所定の方法によりレンタサイクルを開錠し、レンタサイクルシステムにおいて貸出の処理が行われた時点で成立するものとします。
    2 会員は、レンタサイクル及び貸渡装置の故障、貸渡場所の一時的な閉鎖等により、レンタサイクルの貸渡しができない場合があっても、当協会に対して代替交通手段の確保その他の補償を求めないものとします。
  • 第6条(レンタサイクルの返却手続)
    レンタサイクルの返却は、前条第1項の規定に基づき開錠した会員(以下「利用者」といいます。)が、当協会指定がする場所でレンタサイクルを施錠した後、当協会が施錠を確認し、レンタサイクルシステムで返却の処理が行われた時点で成立するものとします。
    2 前項において、指定する場所の一時的な閉鎖、レンタサイクルの施錠装置の故障等があった場合には、速やかに当協会に連絡し、その指示に従うものとします。
    3 当協会は、前項の連絡なく指定場所以外で施錠が行われた場合には、返却手続が完了していないものとみなします。
    4 会員は、レンタサイクルの返却に際し、レンタサイクルに自ら遺留品がないことを確認して返却するものとし、当協会は、遺留品の紛失等について、責任を負いません。
  • 第7条(レンタサイクルの故障・盗難)
    利用者は、レンタサイクルの利用中にレンタサイクルの異常または故障を発見したときは、直ちに利用を中止し当協会に連絡するとともに、当協会の指示に従うものとします。
    2 利用者は、レンタサイクルの鍵を紛失・破損したときは、鍵の交換費用として、当協会が指定する金額を支払うものとします。
    3 利用者は、レンタサイクルの利用中にレンタサイクルの盗難が発生したときは、直ちに警察及び当協会に連絡するとともに、当協会の指示に従うものとします。また、利用者は、レンタサイクルの盗難に係る負担金として当協会が指定する金額を支払うものとします。
  • 第8条(事故)
    利用者は、レンタサイクルの利用中に事故が発生したときは、事故の規模にかかわらず法令上の措置をとるとともに次に定めるところにより処理するものとします。
    (1)直ちに事故の状況等を当協会に連絡すること。
    (2)当該事故に関し、当協会及び当協会が指定する保険会社が求める書類または証拠物を遅滞なく提出すること。
    (3)当該事故に関し、第三者と示談を行う場合には、予め当協会の承諾を受けること。
    2 利用者は、前項によるほか自らの責任と費用において事故の処理及び解決を図るものとします。
  • 第9条(禁止事項)
    1 会員は、次の行為をしてはならないものとします。
    (1)レンタサイクルを利用者以外の者に使用させること。
    (2)無謀運転、酒気帯び運転などの危険な行為。
    (3)交通ルールを無視した利用。
    (4)乗り入れ禁止場所での利用。
    (5)レンタサイクルの改造。
    (6)駐輪禁止場所での駐輪。
    (7)最終返却時間を越えた利用。
    (8)レンタサイクルシステムへのサービス提供に負荷をかける行為。
    (9)その他公序良俗に反する行為。
  • 第10条(賠償責任)
    会員は、本規約に定めるほか、会員がレンタサイクルシステム及びレンタサイクルを利用して第三者及び当協会に損害を与えた場合には、その損害を賠償する責任を負うものとします。ただし、会員の責に帰さない事由による場合を除きます。
  • 第11条(会員情報の取扱)
    当協会が本規約に基づき収集した会員の情報は、会員への連絡及びレンタサイクルシステムの運用、レンタサイクル利用者の利便の向上のための統計にのみ利用するものとします。
    2 当協会は、前項の目的のため、会員の情報を第三者に提供することがあります。その際には、当協会は、第三者に個人情報の取扱に関して適切な措置を講じさせるものとします。
    3 当協会が平成30年11月1日から30日までの間行ったレンタサイクルシステムの実証実験において登録した会員は、引き続き当該レンタサイクルシステムの会員となることを承諾したものとみなします。
  • 第12条(規約の変更)
    当協会は、会員に事前の通知なく本規約の変更を行うことができるものとし、変更後の規約はレンタサイクルシステムへの掲載によって通知するものとします。
  • 附 則
    1 本規約は、平成30年8月14日に制定します。(平成31年4月1日改正)
    2 当協会の連絡先は、0835-25-2148です。